友達の家にウォーターサーバーがありました

達の家に遊びに言ったところキッチンに珍しいものが置かれていました。
それが何かと言いますと、ウォーターサーバーです。最近はウォーターサーバーの広告をよく見かけるようになったと感じていますが、実物を見るのはそのときが初めてでした。ドンっと置かれており存在感が際立っていました。
一抱えもするほどの大きな透明な容器のなかになみなみと水が入っていてちよっと頼もしくも感じました。友達にウォーターサーバーを置いた理由を聞くと「水を買いに行くのが面倒だったから」と言われました。友達はそれまでずっと飲み水はスーパーまでペットボトルのミネラルウォーターを買いに行っていたそうです。
そこまでは普通なのですが、友達の場合、その後が大変だったらしいのです。友達の家はアパートの4階にありエレベーターが付いていなのです。
重いペットボトルを何本も階段を上って運ぶのは大変だったそうです。
ウォーターサーバーであればその大変さからは解放されます。金額的にはスーパーでペットボトルを買ったほうが安いようなのですが、水を運ぶ大変さを考えるとウォーターサーバーのほうが良いと思い契約したそうです。

ウォーターサーバーは元々来客やスタッフが使用するための業務用として契約されることが多く、現在も家庭用ウォーターサーバーとは別に業務用ウォーターサーバーが存在しています。   サーバーは大型のサーバーが用意されていることがある以外、サーバー自体の性能などは全く変わらないものばかりです。   そのため家庭用でも業務用でも違いはほとんどなく、家庭よりも大量に水を消費する業務用の方がコストパフォーマンスが良い程度の差しかありません。
出典:家庭用ウォーターサーバーとそのメリットとは?|ウォーターサーバークチコミランキング

友達と話ながらウォーターサーバーの水で淹れたコーヒーを飲ませてもらいましたが何となく美味しく感じられました。

水にお金をかけることに迷っています

住宅街を散歩していると、玄関口のあたりにウォーターサーバー用の水がドンと置かれているのをよく目にします。あんなに大きな水の容器を運んで、各家の玄関口にまで運び入れる仕事はさぞ大変だろうな…何て思いながら、あちこちの家の玄関先を気にして散歩を続けるのですが、我が家にはまだウォーターサーバーが入っていません。

いつか入れよう入れようと思いながらどんどん月日が過ぎて、いつの間にか何年も経ってしまっている状態です。時々ウォーターサーバーのキャンペーンがあるとそれがチャンスとばかりに今決めてしまおうと思うのですが、いつも最後の最後になってやっぱり家の水道の蛇口に取り付けてあるカートリッジで間に合いそうだから…なんて考えてしまうのです。

でも、それだけでウォーターサーバーの設置を先延ばしにしているわけではなくて、やっぱり水だから水にそんなにお金をかけなくても良いだろうという考えが心の片隅にいつもあるのです。それでもやっぱり気になってしまうのです。

水の味の違いがよくわからない

最近はいろいろな水がお店で売られるようになりました。水に対する考え方が変わってきているように感じます。

昔は水は水道から出てくるものを基本的に飲んでいましたが、今では水道水を直接飲まないで専用のろ過装置のようなものを通して飲む人が増えてきているようです。

水道の蛇口近くにろ過装置のようなものをセットすることで、その装置を水が流れ、流れている間に余分な汚れなどを除去するそうです。

引越しをした際も、不動産屋の人にろ過装置の申し込みをするか聞かれましたが、毎月4000円程度で美味しい水を飲むことができるようです。
お試しセットがあるということで、試しに1ヶ月飲んでみましたが、私は今ひとつその違いが分かりませんでした。

もともと水の味の違いに関して疎い部分があるのでお金を払ってまで必要かどうか分かりませんでしたが、友達はろ過装置を付けているかどうかで水の味が全然違うと言っていました。

つけている方が美味しいということなので、水の味の違いの分かる人は試してみても良いかもしれません。

現代は水の使い分けが必要

子供の頃は水道水を平気で飲んでいたのに、いつからか巷で水道水の危険について取り沙汰れるようになってから怖くて口にできなくなりました。汚染水を飲める状態にする為、塩素や鉛、トリハロメタンなど有害物質が水道水に残ってしまっているそうです。

私の住まいは田舎なので水道水を不味いと思ったことはありませんが、首都圏に行くたびに水道水の不味さは実感していました。不味いと飲料水としては使用したくないですし、歯磨き時にも口に入れたくありません。 またお風呂なども塩素の匂いが気になって湯船に浸かるのをためらいます。

言い出したらきりがありませんから、最低限飲料水だけは安全性と美味しさにこだわらないと現代社会では不安です。

今の住まいはマンションですが、キッチンの水道には浄水器がマンション購入時から付いており、3ヶ月ごとに強制でカートリッジの交換があります。料理の水はウォーターサーバーを使いますが、食器や野菜を洗うなどは経済的な事も考えて浄水器を通した水を使っています。しかしお風呂や洗濯はあきらめて水道水をそのまま使っています。

なんでもそうですが、安全に暮らす為にはお金がかかりますね。

水は万病に効く薬

一日に飲む水の量は、おおよそ1リットル、他にはお茶やコーヒー、牛乳を飲んでいます。
一昔前は水は高かったのですが、最近は2Lで100円を切る商品が少なくなく、かつては1.5リットルで300円以上もした高級ブランド水も200円を切る店もあり、手軽に買えるようになりました。
宅配水は安くて便利で、水にこだわる消費者に取って、大変便利な時代になったと思います。

さて、私が一日1リットルの水を飲むようになったきっかけがあります。
それは、父が若くして脳梗塞で亡くなってからです。
私が幼い頃から、父が飲む水分はビールや焼酎などの、アルコール類ばかりで、水やお茶を口にしている姿をほとんど見たことがありません。
アルコールを飲むことで血液の粘化が進んで、それが年月と共に血管の内側に溜まり、それがある日、血管を詰まらせて父を死に至らしめたと思っています。
親子二代で同じ様な過ちを犯さぬように、私は今日も、そして明日も水を飲み続けます。
お陰様で、健康な毎日を過ごしていますが、最近になって、気づいたことがあります。
それは、尿管結石を煩う、同年代の友人が増えていることです。
尿管結石の痛みは、出産並みの症状を伴うと言われています。
「痛過ぎて失神した」という友人もいます。
尿管結石キャリアのみなさんは共通して、「たくさん水を飲みなさい」と医者から言われています。
その点私は今の所、尿管結石の心配の少ない毎日を過ごしています。
水は万病に効く薬、今日も私の傍らにはたっぷりの水が入ったペットボトルがあります。

サントリーの天然水を飲んだ感想

本日、帰宅時にサントリーの天然水を購入しました。値段は2リットルで88円。比較的安価な天然水です。産地を見てみると、鳥取県で、イメージイラストに大自然が書かれています。見るからにおいしそうな水ですが、さて、味の方はどうでしょう。

筆者は、水道水でも割りとおいしく飲める口です。カルキや健康などについてはあまり気にしません。しかし、自宅の水道管が古く、たまに赤い水が出るようになってからは、さすがに、水道水は飲まないようにしています。

早速、買ってきた天然水を試飲。今日は寒かったのですが、体を動かして帰ってきたので、体が火照っています。汗をかいた後のこの水の味は最高でした。

体に染み渡るというか、すっきりと爽快感がある味でした。汗をかいた後はビールもおいしいのですが、この水に関してはそれ以上です。飲む時に、パッケージのイラストを思い浮かべて飲むのですが、イメージが更に味を引き立ててくれます。一時、水の味を堪能し、体をクールダウンさせた後は、夕食です。

今日は野菜をのせたラーメンを作ったのですが、残りの水をラーメンに使用しました。新鮮な野菜に、新鮮な天然水。これ以上清潔感のある組み合わせはありません。料理の腕はいまひとつなのですが、ラーメンもおいしくいただき、気持ちよく寝れそうです。

天然水は、味もおいしいですが、イメージでも十分に楽しませてくれる素晴らしい水だと思っています。

天然水の良い所はココ。

天然水は何が良いのかと聞かれれば、安全性と答えます。味や成分はどこのお水なのかで千差万別
ですし、そこまで良い悪いが出ている部分ではありませんね。

やはり比べられるのは水道水だと思います。別に飲んだら体に害がある訳では無いですが、質を保ったり
するために色々と入っているのは周知の事実です。問題なのはその安さなんだと思うんですよね。

水道水は何?数円ぐらいの物で、場所にも寄りますが一番安いお水なのは間違いないでしょう。当然
安さは内容にも反映されていて、もの凄いテクノロジーではありますが、出来ない事も多くあるのが
現状のようです。

それと比べれば、500m?で50円に満たない天然水であってもコストを掛けているお水となります。
ましてや100円ぐらいの一般的なものであれば、それだけ安全性に掛けるお金にも余裕がありますよね。

簡単に比べられる訳ではありませんが、今の時代はやはり値段イコール質の傾向はあるので、安全性を
考えれば天然水を選びたいモノです。かなり少数ですが、水道水で健康を害する事もあるのが事実ですから。